歯科治療施術の痛みは

歯の痛みと歯科の早期治療

歯に痛みを覚えたらすぐに歯科へ

歯に痛みを感じたら、それはむし歯のサインかもしれません。またむし歯ではなくても、歯は加齢や噛み締める癖などによって表面のコーティングが削がれてしまいます。表面が削られると、むし歯ではありませんが、歯の上部に穴や傷が付いてしまい、そこから内部の神経にまで痛みが伝わってしまいます。違和感を覚えた時はとにかく早めに歯科医に相談です。リスクが拡大する前に治療を受けておけば、費用も時間も大して掛かりません。反対に最も良くないのが問題の先送りです。多忙だから等と理由をあれこれ付けて歯科医に行く機会を自ら避けているとむし歯等が進行し、返って酷い時間とお金が掛かるようになってしまいます。

虫歯治療の痛みについて

虫歯になると日常生活でも痛みを感じてしまうものの歯科へはなかなか思い切って治療に行けないものです。しかし、むし歯がある程度進んでしまうと歯科に行かざるを得なくなります。そうすると歯の神経を削ったりするなどかなりの痛みを伴う治療を受けることになります。もはや、むし歯よりも痛いものばかりで施術後も薬をしばらく飲む必要があるケースも発生します。そうなる前にむし歯の初期段階で治すべきです。欲を言えばむし歯ができる前に定期的に歯の状態を確認してもらうことが理想的です。最近は技術も進歩したので神経を削るなどの場合でない限りあまり痛くないような方法で施術してくれますので、恐怖心を捨てて歯のために足を運んでみるべきです。

↑PAGE TOP